2013年03月03日

貴方にも上手に張れる、キャンバスプライヤー


キャンバスを張り始めてかれこれ50年経ちます。
1960年代までは、張りキャンバスなどという製品は無く
画材店では、キャンバス布と木枠を別々に仕入れ、店頭で張っていました。
当時は、キャンバスを張りは店の仕事の中で
かなりのウエイトを占めていたように記憶しています。

私は父母が歳をとっていたので、中学生の頃から学校から帰ると
キャンバスを張るのが日課でした。
工作少年だった私にとっては、嫌いな作業ではありませんでした。

現在では張りキャンバスが大変安価になり、需要の殆どがそちらに移ったので
キャンバスを張る仕事は非常に少なくなりましたが
30号以上の大きなキャンバスは、変わらず店内で張っています。

大きなサイズは展覧会用に使われ、長期間の製作に耐える必要があるため、
良いキャンバスを、そこそこのお値段でお使い頂きたいと、
慎重に布を選んで仕入れ、店内で張ることにしています。

そのような次第で、キャンバスにはことのほか思い入れがあります。
一時期、「絵の具を塗ってしまえばなんでも同じだから、どんなものでも良い」
と言う風潮がありましたが、
絵の具の載りの良さ・仕上がり時の艶や発色の良さ、描きやすさの違い
ということを御理解くださるお客様が多くなって、
当店張りキャンバスのご指名が増えています。

絵を描くのには基底材となるものをしっかり選ぶことが大変大切です。
「長時間勢力を傾けるものですし、描き換えが出来ないものですから
安心できるものを選ぶ」と良い製品を選んで下さる方が増えているのは
画材屋としてはうれしいことです。

さて、キャンバスを張るのには、プライヤーと金槌と釘抜きがあれば出来ます。
それとゴム製のハンマーがあれば、傷を付けずに木枠を組み立てられます。
ご自分で張られる方は、プライヤーで仕上がりが変わってきますので
良いものを選びましょう。
私が長年使っていてお奨めできるのはこちらです。

canvaspliyer.jpg

HOLBEIN製でカタログには特殊鋳造鋼使用とうたってあります。
とにかく10年以上使っても、狂わないし壊れません。
刃先には滑り止めのウレタンが貼ってありますが、摩耗したら交換が出来ます。
ブレードの幅もちょうど良く、重さも適度で握りやすく、大変使いやすいプライヤーです。
頻繁に仕事に使ってもびくともしませんから、一般の方がお使いになれば一生ものです。
いろいろなプライヤーを使ってみましたが、これが一番お奨めです。

このプライヤーを使い、ブレードの幅と同間隔で釘を打つと、上手に張れますよ。

posted by shiro at 15:21| キャンバス