2013年04月29日

ありがたいお客様!

最近、遠方からご注文においでになるお客様が増えています。
おもに額装のお客様ですが、ネットをご覧になって
評判をお聞きになって、県外からわざわざ足をお運びくださいます。

先日も都内からお越し頂き、絵皿を入れる額縁のご注文を頂きました。

ss350_web_b.jpg

side350.jpg

さる著名な漫画家の描かれた絵皿です。
新店舗に飾られると言うことで、
垢抜けた配色の額装をお選び頂き、
作業完成後にお送りさせて頂きました。

最近は、地方の画材店や額縁店がやめてゆくので、
お困りの方が多い様子。
また、納得のいく品物やサービスを手に入れる為には
多少の移動は厭わない、パワフルな方が増えているのかも知れません。

遠方からのご注文は、修理等で戻る可能性が少ないので
経年変化への対策なども考慮しながら、いっそう丁寧に作業しています。

おそらくこれからも、ますます増えてゆくと予想していますが、
お店を支えて下さるお客様が高齢化を迎えている中で
ほんとうに有り難い現象です。

お皿の額装はこちらでご案内しています

posted by shiro at 13:52| 額装

2013年04月28日

キャンバス張り、4月は鬼門!

「購入したキャンバスがたるんだ」
というクレームが多いのは、3〜5月です。
なぜなら、この月は毎日の湿度の変動が激しいからです。
特に4月は最悪! 晴れた日は1日の平均値が30%台、
ひとたび雨になると90%台まで上がります。

麻布は、急激に水分を含むと縮み
徐々に含むと伸びると言う性質を持っています。

日常乾いている店内で張ったキャンバスを
風呂や洗濯、炊事など、生活の湿気が有る
お客様の家庭にお持ちになるわけですから
輪を掛けた湿度の変化が起こります。

家の周りに林がある、庭に緑が沢山ある
そばを川が流れている、芝生の公園がある
などというお宅はさらに湿度の影響を受け
たるみが激しくなります。

たるみが出たキャンバスをお引き取りして
店に置いておくと、すっかり元の
ぴんと張った状態に戻ってしまう場合がほとんどです。

canvas.jpg

昔のお客様は、湿気でキャンバスがたるむことをご存じだったので、
キャンバスプライヤーをお持ちになって
引っ張り直して使ってくださったので、
クレームがほとんどありませんでした。

しかし昨今のお客様は、メーカーで機械張りしたキャンバス育ちの方が多く
手張りのキャンバスは、湿度でたるんでシワが出る事を
ご存じ有りません。
いきおい、「お宅で買ったキャンバスはたるむ」
といったクレームに繋がります。

機械張りキャンバスは、はじめから強く張られていません。
機械では手張りほどのテンションが掛けられないからです。
また、平均に引かれているので、シワが目立ちません。
そこで、湿度でたるんではいるのですが、
手張りキャンバスほどの変化を感じないのです。

手張りでしっかり張られたキャンバスは、
気持ちよく描くための絶対条件です。
お客様には、いつでも気持ちよく描いて頂きたいと思います。

そこで対策として、湿度の低い日が続いた時には
キャンバスに湿度を与えてから張ることにしました。
といっても裏側から水分の与えすぎは禁物です。
極細かい霧を平均に掛けるために思いついたのが
額装の作業に使っている、塗装用のエアーガンでした。

blush.jpg

これを使い高圧で水を吹くと、
実に細かい霧を、広い範囲に平均に吹くことが出来ます。
吹いたあとを触っても、水分を感じないほど微量に与えられ
そのあとは、きっちり張り上げる事が出来ます。

この方法が良いか悪いかは、論が割れるところですが
今の時代のクレーム対処法としては効果が有ると思います。

しかし、キャンバスは生き物です。
麻布の出来、織り方、表面の塗料との関係など
不安定な要素が沢山あり、絶対の解決法は無いのです。

麻布を使ったキャンバスは、たるむもの。
と言う認識をぜひお持ち頂き、
ゆるんだら自分で引っ張る、をお願いしたいものです。

使いやすいキャンバスプライヤーはこちらです

posted by shiro at 15:41| キャンバス

2013年04月22日

刺激を受けています!


西麻布のMario i Sentieri
TVで活躍中のマリオのお店に
お客様からのオファーで、作品の取り付けに伺っています。

mario-1.jpg

真っ黒な内装、シルバーの厨房や食器類、雰囲気のある照明
イタリア人のセンス溢れる高級感たっぷりなお店です。

mario-2.jpg

店内に掛ける額縁のご注文を頂いた時には
お店の空気をいっぱい吸い込んで、
歳と共に動きの鈍った脳の隅々まで
その場の緊張感を詰め込んで帰ります。

店に戻り、お客様の水彩画や油絵に囲まれた業務に戻ると
額装のイメージが狂ってしまうからです。

マリオのお店の仕事を頂くと、
額装というのは、単に作品に合わせるだけでなく
インテリアに合わせることが大切!
と言う当たり前のことを再確認させられます。
また、さまざまなインテリア感覚にマッチするフレームを
チェックする必要性を感じさせられます。
そういった意味で、とても刺激的な仕事で大切にしています。

ところでお料理もとても美味しいそうです。
まだ一度もチャンスがないので、何かの記念日にでも・・・。
夜はセレブが集まる場所のようなので、私の場合まずはランチから。

食通の方は、ぜひ訪ねてご覧になっては如何でしょうか。

http://mario-frittoli.com/


posted by shiro at 19:23| 額装